2012年中途入社介護職員 | いこい家 採用専門サイト

2012年中途入社介護職員

STORY

拠点名 平戸


―今、どんなお仕事をしていますか?
入浴、排泄、食事等の介護の仕事をしています。
利用者様が笑顔でゆったりと過ごしていただけるように努力してます。利用者様の移乗、移動の際腰等を痛めないよう体の使い方など気をつけています。他のスタッフとも体の使い方などお互い話したりしています。

―今まで、他にどんなお仕事をしていましたか?
接骨院の仕事をしていました。
接骨院の仕事では治療の際に、幹部の状態やお顔の表情などを見て処置をしていました。
今は利用者様の介助の際にお顔の表情などを見て判断するなど、前職の経験が役に立っています。

―今の仕事の好きなところ、良いと思っているところについて教えてください。
利用者様とはコミュニケーションをしっかり取り笑顔で接することができているところです。
スタッフ間で連携が取れてお互いにカバーできており、また、担当を決めてそれを循環させていくのでお互いにフォローして進めています。

―今の仕事でやりがいを感じた出来事について教えてください。
以前夜勤が続いたとききついこともありましたがやり切ったときの達成感がありました。
ご利用者様との関係で、新しく利用される方と初めのうちはコミュニケーションが取れないときもあるのですが、時間が経つにつれコミュニケーションが取れるようになったときはやりがいを感じます。

―特に印象的だったイベント(レク)もしくはエピソードについて教えてください。
イベントは毎月何をやるか決めていますがクリスマス、ハロウィン、運動会などその月のイベントをスタッフ一同で決めて行っています。
イベントによっては利用者様と写真を撮ったり運動会ではスタッフ、利用者様一体となって盛り上がったりまたイベントによっては貼り絵とか模造紙に貼ったりして完成させスタッフ、利用者様で記念撮影したりしています。

―オフタイムはどんなこと(どんな過ごし方)をしていますか?
入社したばかりのころは技術的な事を覚えたり送迎の道順を確認したりでした。
慣れてきてからは映画を見に行ったり家で読書したりですが、今あまり外に出られないので家で映画を見たりパソコンで動画を見たりして過ごします。

―あなたにとって、今の仕事を続けている理由って何ですか?
入社して9年目ですが、入社した時は1日の流れの中でやる事を覚え、夜勤では夜間にやる事を覚え、それが精一杯でしたがそれを続けていくうちにひとつひとつできるようになりまた。
利用者様の喜ぶ顔が見られるようになり、この仕事を続けていてよかったなと思います。

―あなたにとって、いこい家とは何でしょうか?
私にとっていこい家は、自分に矢印を向け感謝の気持ちを忘れずにできる方法を考え仕事に取り組み、凡事徹底で技術的に向上、信頼関係の構築などプロ意識を持って行い、日々働きがいや生きがいを感じる場所です。

―今後、やってみたいこと、キャリアビジョン、夢などについて教えてください。
今ヘルパー2級、柔道整復師の資格を取得してますが今後介護福祉士の資格取得かと思います今取得しているヘルパー2級、柔道整復師の資格を生かして何かやってみたいと思っています。
リハビリのお仕事も興味があるので、今後体が動く限り介護は続けていきたいと思います。

―今のお仕事に興味のある方へのメッセージをお願いします!
介護の仕事はきついと言われることが多いですが、体の使い方や力の入れ方を日々の仕事の中で行なっていくことで体を壊すことなく続けていける仕事であり、地域に貢献できる仕事だと思います。